事務プロフェッショナルは過去問で独学できる?難易度は高い?

事務プロフェッショナルは過去問で独学できる?難易度は高い?


スポンサーリンク

データ入力や電話応対など仕事内容が多岐に渡る事務に関する幅広い知識を有し、役所に限らずあらゆる企業に活かせる資格「事務プロフェッショナル」の過去問、独学、難易度についてご紹介します。

資格女子
過去問は非公開のため自身で情報収集を行いながら独学をするしかなく非効率です。
効率よく貴重な時間を有効活用しながら取得を目指したい方はラーキャリを受講しましょう。

事務プロフェッショナルとはどんな資格?

事務プロフェッショナルは一般社団法人日本技能開発協会が主催する認定資格です。

事務プロフェッショナル
事務プロフェッショナル資格では、一般的に会社や役所などで、データ入力・書類作成・電話応対などといった、さまざまな作業全般を円滑に進めるための知識を習得することができます。
仕事内容は非常に広範囲にわたりますが、応募の際に特別なスキルや経験、資格を持っていないことが多いため、資格を保有することは自身の強み・差別化になります。
引用:ラーキャリ

取得するメリットは以下の通りです。

取得するメリット
  • 取得後は事務のスペシャリストとして活躍できる
  • 転職や就職にも資格をアピールできる
  • 社会人マナーが身につく
  • 個人事業主として活動する場合に知識が役に立つ可能性ある
資格女子
事務関連に関する知識や社会人マナーも身につくことから転職や就職に活かせることができる資格です。
資格取得をすることで面接時のアピールや個人で事業主をする際にも会計をスムーズに行える可能性があります。

事務プロフェッショナルの資格試験概要


スポンサーリンク

資格試験概要
受験資格特になし
回答形式択一式、記述式
出題数30問
受験場所在宅
合格基準70点以上

事務プロフェッショナルは過去問で独学できる?難易度は高い?


スポンサーリンク

事務プロフェッショナルの過去問やテキストは公開されていないため、独学をする場合は自身で情報収集を行わなくてはなりません。

難易度は合格基準70点以上なのでそこまで高くありませんが、書籍やネットでの情報は試験対策として不十分な可能性が高く独学では難易度が高くなってしまう恐れがありません。

また、試験の出題範囲が不透明なのでどうやって勉強していいか悩んでしまう可能性もあります。

試験対策をしっかり行って正しい知識を効率よく身につけながら取得したい方は、通信講座の受講をおすすめします

通信講座を利用するメリットとして専用のテキストや問題集を基に勉強ができるので、最短2週間程度で取得することも可能です。

事務プロフェッショナルのおすすめ通信講座は?

事務プロフェッショナルの通信講座はラーキャリが実施しています。

ラーキャリの魅力
  • 持ち運びしやすいA4サイズのテキストでどこでも勉強できる
  • 使用するテキストは文字ばかりじゃなく写真や図解が豊富でわかりやすい
  • 問題集も解くことができる
  • 添削課題を提出することで試験の不安解消(提出は必須ではありません)
  • 難しい問題は担当サポーターにいつでもメールで質問可能
  • 制限のない学習期間で自分のペースに合わせて勉強できる
  • 再試験費用10,000円(2回分)が無料(資格安心サポート)

※資格取得安心サポートは予告なく終了する場合があります。

ラーキャリは学習期間に制限がありません。

自分のペースでしっかりと時間をかけて勉強したい方でも、納得いくまで知識を身につけてから試験に挑むこともできます。

また、難しい問題がわからない場合でも担当サポーターにいつでもメールで質問ができるうえに、添削課題を提出することもできるので試験前の不安を解消でき試験対策をしっかりと行うことができます。

現在資格取得サポートを実施しているので試験対策の準備を万全にしたが万が一不合格となった場合でも、2回目まで再試験費用が無料となっています。

資格女子
試験に合格することで証明書を日本技能開発協会が発行してくれます。

まとめ

事務プロフェッショナルまとめ
  • 事務プロフェッショナルは事務以外の社会人マナーなど幅広い知識を有した認定資格
  • 難易度は高くないが過去問とテキストが非公開なため、独学では難易度が高くなってしまう恐れがある
  • ラーキャリを受講すれば専用テキスト、問題集、添削課題を使って正しい知識を学べる
  • 難しい問題でわからなくても担当サポーターにいつでもメールで質問可能
  • 最短2週間で取得を目指すことも可能
LINEサービス実施中
当サイトの公式LINEにご登録いただくと、おすすめの民間資格や通信講座のお得情報をお知らせします!
私はSARAスクール卒業生なのでSARAスクールについてのお悩みにもお答えします!
友だち追加


スポンサーリンク