チョコレートマイスターの過去問は?独学での難易度は?

チョコレートマイスターの過去問は?独学での難易度


スポンサーリンク

チョコレートマイスターの過去問、独学、難易度についてご紹介します。

資格女子
短期間でしっかりとした知識を身につけたい方は、通信講座がおすすめです。
\試験免除で最短1ヶ月/
\自己投資を惜しまないことが大事/

チョコレートマイスターとはどんな資格?

チョコレートマイスターは、日本安全食料料理協会が主催する認定試験です。

チョコレートマイスター
チョコレートマイスターとして、チョコレートの起源やチョコレート革命、チョコレートの伝来などの歴史、チョコレートの原料、チョコレートに含まれる成分、カカオ豆、チョコレートの種類、チョコレートの栄養、テンパリングなどチョコレートに関する基礎知識を十分に身に付けた方へ認定される資格です。
例えば、チョコレートの起源は、カカオ豆を原料とした古代メキシコの飲み物であることやチョコレートに含まれる代表的な栄養成分には、ポリフェノール、テオブロミン、ビタミン、ミネラルなどがあること、カカオ豆の品種、産地、テンパリングの手順などに関する知識を有していることが証明されます。
また、トリュフやチョコレートケーキ、石畳チョコレート、エクレア、チョコレートタルト、ガトーショコラなどの作り方に関する知識を有していることが証明されます。
引用:日本安全食料料理協会

また、関連性が特に深い、日本インストラクター技術協会が主催している「ショコラティエ」もあります。

ショコラティエ
ショコラティエとは、チョコレート産業の発展やカカオ豆の発芽から収穫、ビター・ミルク・ホワイトチョコレート、製菓用のチョコレート、生チョコレートの知識、チョコレートの製造工程、チョコレートの製造法による分類、チョコレートの保存方法、チョコレートのテイスティング、ショコラスイーツなどに関する知識を十分に身に付けた方に認定される資格です。
例えば、モールド製法やシェルチョコレート製法、ホローチョコレート、エンローバーチョコレートなどの製造方法、ザッハトルテやオペラ、フォレ・ノワールなどのショコラスイーツなどに関する知識を有していることが証明されます。
資格取得後は、ショコラティエとして、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
以前は「ショコラセレクトアドバイザー」という名称でした。
引用:日本インストラクター技術協会

どちらもチョコレートに関する基礎知識はもちろん、講師として相手に伝える技術やカカオからの製法方法など幅広い知識が問われます。

自宅でお子さんと楽しくチョコレートを作ったりするだけでなく、料理教室を開くことも可能です。

かんたんな事ではないですが、将来は自分のお店を出すなんてことも可能な夢のある資格です。

チョコレートマイスターの試験概要

チョコレートマイスター
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
ショコラティエ
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後

チョコレートマイスターの過去問は?独学での難易度は?

チョコレートマイスターは試験の合格基準が70%以上の評価と難易度は低めです。

ただし、主催協会は過去問とテキストを非公開としているため、独学では効率が悪く取得に時間がかかる可能性があります。

チョコレートマイスターの試験は通信講座のテキストから出題されるので、最短期間で確実に取得したい方は通信講座を受講してください。

\試験免除で最短1ヶ月/
\自己投資を惜しまないことが大事/

チョコレートマイスターのおすすめ通信講座は?

チョコレートマイスターのおすすめ通信講座は、様々なスクールが取り扱っています。

その中で、私が実際に受講した経験のあるSARAスクールがおすすめです。

SARAスクールを受講することによって、チョコレートマイスターとショコラティエの資格が同時に取得できます

他にも通信講座を受講するメリットはたくさんあります。

通信講座のメリット

  • 最短1ヶ月〜2ヶ月で取得できる
  • 何度も専属スタッフに質問ができる
  • 家事などの合間に30分程度の時間でも学べる
  • 初心者でもわかりやすいテキスト
  • プロ監修のテキストだからインストラクターも目指せる

また、SARAスクールでは2つのコースがあり、基本コースまたはプラチナコースを選択して受講できます。

プラチナコースを受講すると、資格保証型なので試験が免除され卒業課題の提出を終えると資格が取得できます。

資格女子
1度で確実に取得したい方にプラチナコースの受講をおすすめします。

SARAスクールのチョコレートマイスター通信講座は女性向け?

SARAスクールのチョコレートマイスター通信講座を見ると、「女性のための通信講座」と記載があり男性は受講できないような雰囲気がありますよね(もちろん男性も受講OKです)

申し込みにくいと感じた男性には諒設計アーキテクトラーニングをおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングを運営する会社はSARAスクールと同じ株式会社新生技術開発研究所で、通信講座の内容、受講費用、取得できる資格もすべて同じです。

資格女子
SARAスクールのように女性に特化した通信講座ではありませんので男性におすすめします。

チョコレートマイスター取得者の口コミ

良い口コミ
バレンタインデーのときにチョコレート店でバイトをしたことがきっかけで資格を取りました。
チョコレートの効能や歴史など知らなかったことをたくさん知れて嬉しかったです。
チョコレートはもともと好きだったけれど、チョコレートの奥深さを知って、チョコレート専門店でチョコレートをじっくりと選ぶことが趣味になりました。
引用:SARAスクール
良い口コミ
チョコレートが大好きなので、楽しく学習できました。チョコレートの知識がとても増え、手作りチョコレートに挑戦するまでになりました。
「チョコレートマイスター」の資格を取ったので、今後は自宅でチョコレート教室を開きたいと思っています。
引用:SARAスクール
良い口コミ
海外で食べたチョコレートがとても印象的で、専門知識を身に付けたいと思い講座を受けました。
講座ではチョコレートの歴史や、国ごとのチョコレートの特徴の違いなどいろいろ学ぶことができ良かったです。
引用:SARAスクール
良い口コミ
昔はチョコレートと言えば甘い飲み物を指していました。
その後イギリス人が固形チョコレートを作ったことが今のチョコレートの原型となります。
このような知識もチョコレート資格取得講座で身に付きました。
甘いもの好きなひともチョコレートに目のない人も受講してみてはいかがでしょう。
引用:SARAスクール
良い口コミ
チョコレートが大好きで毎日食べたいけど、カロリーが気になっていました。
チョコレートの種類や栄養はいろいろあり、カカオ度数の高いものは健康にも良いので、毎日食べても良いと知り、今ではさまざまなカカオ度数のチョコレートを揃えて楽しんでいます。
引用:SARAスクール
\試験免除で最短1ヶ月/
\自己投資を惜しまないことが大事/


スポンサーリンク