犬猫介護アドバイザーの難易度・合格率・過去問は?

犬猫介護アドバイザーの難易度・合格率・過去問


スポンサーリンク

犬・猫の介護、介護に役立つ用品、食事、聴力低下などの対処、これらの知識を認定する資格が犬猫介護アドバイザーです。

この記事では犬猫介護アドバイザーの難易度、合格率、過去問についてご紹介します。

資格女子
独学には不向きの資格ですので、取得をご検討中の方は通信講座を受講して取得することをおすすめします。
\1日30分の勉強時間でOK/
\自己投資を惜しまないことが大事/

犬猫介護アドバイザーとはどんな資格?

犬猫介護アドバイザーは日本生活環境支援協会の主催する認定試験です。

犬猫介護アドバイザー
犬猫介護アドバイザーとして、犬と猫の介護に関する知識を有していることが認定される資格です。
小型犬や大型犬など、犬の種類や大きさによる介護の注意点、猫の介護の基本から、飼い主のケアまで、幅広い知識が問われます。また、介護が必要になった動物の生活環境の整え方や流動食の与え方、寝たきりになった場合の注意点や手入れ方法について、排泄についてなどの知識の証明にもなる資格です。
資格取得後は、犬猫介護アドバイザーとして自宅や専門施設で老犬、老猫の介護士として活躍することができます。
引用:日本生活環境支援協会

また、関連する資格に日本インストラクター技術協会が主催するペット介護インストラクターがあります。

ペット介護インストラクター
ペット介護インストラクターとして、犬や猫の介護に関する基本的な知識を持っていることが証明されます。
犬や猫の基本的な介護方法から、聴力低下や視力低下への対処方法、適切な食事の与え方などの知識を有し、それを指導できる人に認定される資格です。
ペットの適切な介護を行うことによって、老犬や老猫、病気によって介護が必要になったペットのQOLの向上に役立てることもできます。
資格取得後は、ペット介護インストラクターとして活動することができるほか、自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。
引用:日本インストラクター技術協会

どちらの資格も小型犬〜大型犬、猫、それぞれに適した介護の基礎、実践的な対処方法の知識が求められます。

資格取得後は犬猫介護の専門家として、講師活動で活躍することも期待できます。

犬猫介護アドバイザーの資格試験概要

犬猫介護アドバイザー
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
ペット介護インストラクター
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後

犬猫介護アドバイザーの難易度・合格率・過去問は?

犬猫介護アドバイザーの合格率は非公開となっています。

合格基準は70%以上の評価と、難易度的には特別高いわけではないことがわかります。

ただし、主催協会は過去問とテキストを公開しておらず手に入りません。

過去問とテキストなしでの独学は出題範囲を網羅した勉強は難しいため、通信講座を受講することが取得の近道となります。

通信講座なら専用テキストと問題集を基に勉強できるため、短期間で犬猫介護アドバイザーを取得することが可能です。

\1日30分の勉強時間でOK/
\自己投資を惜しまないことが大事/

犬猫介護アドバイザーのおすすめ通信講座は?

犬猫介護アドバイザー通信講座はSARAスクールをおすすめします。

おすすめする理由
  • プロの先生が監修したオリジナルテキストで知識がどんどん身につく
  • 練習問題と添削課題を解けば知識が深まる
  • 専属スタッフにいつでもメールで質問できる
  • 最短1ヶ月〜2ヶ月で取得できる
  • W資格講座だから2資格同時に取得できる
  • 資格試験が免除される(※プラチナコースの場合)

SARAスクールはW資格講座のため、犬猫介護アドバイザーとペット介護インストラクターの2資格を同時に取得することも可能です。

資格保証のプラチナコースなら資格試験の受験が免除され、卒業試験の提出を終えると2資格を取得できます。

資格女子
1度で確実に取得したい方はプラチナコースを受講しましょう。
\1日30分の勉強時間でOK/
\自己投資を惜しまないことが大事/

SARAスクールの犬猫介護アドバイザー通信講座は女性向け?

SARAスクールの犬猫介護アドバイザー通信講座を見ると、「女性のための通信講座」と記載があり男性は受講できないような雰囲気がありますよね(もちろん男性も受講OKです)

申し込みにくいと感じた男性には諒設計アーキテクトラーニングをおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングを運営する会社はSARAスクールと同じ株式会社新生技術開発研究所で、通信講座の内容、受講費用、取得できる資格もすべて同じです。

資格女子
SARAスクールのように女性に特化した通信講座ではありませんので男性におすすめします。


スポンサーリンク